役に立つ本

知的生産のバイブル『「知」のソフトウエア』(立花 隆)

今から30年以上も前の1984年出版の本ですが、全く色褪せていません。

知的生産のバイブル的な1冊と言えます。

本書は、情報をインプットしアウトプットする方法、いわゆる「知的生産」の方法が書かれています。

ただ、本書の冒頭で知的生産の方法に「一般論はない」と明言します。

あとがきの中では、自分で自分の方法論を見つけるしかない、と言っています。

よって、本書はあくまで著者自身が見つけた方法論であり、万人にあてはまるかどうかはわからないということです。

とは言っても、私は大いに参考になりました。

とくに次の言葉は、アウトプットする上での本質に目を向けさせてくれます。

文章を要約すれば文体は消えるが情報は残る。

もちろん、自分で自分の方法論を見つけなければいけないわけですが、本書にはそのヒントがたくさん詰まっていると言えます。

なかでも、私が取り入れたいと思った内容を簡単にまとめてみると次のとおりです。少しでも気になる内容があれば、本書を読んでみることをオススメします。

  • 無意識層の巨大な潜在力を信じ、それを活用する意識をもつ
  • 良質なインプットを大量に行う
  • 文章はスッキリするまで何度も手直しする(主語を入れ替える、動詞的表現と名詞的表現、単文と複文、修飾語など)
  • 目的のないスクラップはやめ、手間と時間対効果を考える
  • 良質なアウトプットには具体性と抽象性を何度も往復させる
  • インプットに際し入門書は傾向の違うものを複数選ぶ
  • 考える素材を頭の中に詰め込んだら発酵、すなわち考えが熟して人に伝えるべきことが出てくることを待つ
  • 材料メモはキーワードで1枚にまとめる(材料のカタログのようなものでありキーワードから想起できることが大切)
  • 文体は衣装にすぎず、要約すれば文体は消えるが情報(意味)は消えないという意識を持つ

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った内容を紹介する雑食系のプチ書評ブログです。 また、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログ「いつもていねいに」も運営中。 著書に『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』がある。