役に立つ本

これまでの文章指南書とは違う!『武器としての書く技術』

ブログで文章を書いている人にオススメしたい本です。

本書は「てにをは」など文法的に綺麗な文章を指南する本ではありません。

「読まれる文章」を指南する本で、Web上での文章を対象にしています。

まさにブログを書く人向けなのです。

著者は、「Webで文章を発表するのは「ストリートライブ」に似ている」と言います。

本書は、このストリートライブに偶然通りかかった人たちが足を止めてくれるような文章術を内容としているのです。

著者のこの一言はずっしりきます。

「ぼくの定義でいくと「ダメな文章」というのは読まれない文章のことです」

厳しいけどまさに同感。

Web上で文章を発表している以上、読まれなくて満足するのは、ただの個人的な記録ですもんね。

文法など綺麗な文章を書くのは大切ですが、ブログで文章を書くには、まず、ここですね。「読まれる文章」。ここを重要視しないといけません。綺麗な文章を書くよりも。

それには、読者にどれだけ「価値」を提供できるか。読者に「価値」を提供することにどれだけ重きをおけるか。それが重要だとしみじみ感じました。

Web上で文章を書いているならぜひ『武器としての書く技術』を読んでいただきたいと思います。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。