楽しめる本

退屈する暇のない小説『カラスの親指』(道尾秀介)

「読書の目的は "楽しむもの" であり、自己の成長は二の次」が モットーの 小田やかたです。

読後、すぐに頭に浮かんだ感想はこの一言でした。

「退屈する暇のない小説」

かといって、展開が目まぐるしいわけでもありません。

ゆったりと進むこともあれば、急にスピーディーに進むこともあり、そのバランスがよかったです。

退屈させないのは、繰り返されるドンデン返し。

少しでも内容を言ってネタバラにつながるのは本意ではないので何も言いませんが、とにかく最後まで楽しめる、スゴイ小説です。とにかく読んでほしい。

読むものをアッと驚かせるこんなにスゴいストーリーはどうやって作っているんでしょうか。これぞプロの小説家、という技術なんだと思いました。

次作の『カエルの小指』をすぐにでも読みたくなります。

この記事は以上です。

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報はツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を
ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った本の内容などを書いています。読書は "楽しむもの" がモットーです。