教養が身につく本

ニーチェのストイックさに共感!『ニーチェ ツァラトゥストラ NHK「100分de名著」』(西 研)

ニーチェは、どう生きるかという問題に対し真摯に向き合った哲学者です。

『ツァラトゥストラ』は、画一的な価値観など気にせず自分で価値を作って創造的に生きろ、というニーチェからのメッセージだと理解しました。

本書の著者は、『ツァラトゥストラ』の主題は人間はどう生きたらよいか、であり、その答えを一言で言うならこれだといいます。

固定的な真理や価値はいらない。君自身が価値を創造していかなくちゃいけない

『ツァラトゥストラ』の冒頭の「神は死んだ」という言葉は有名ですが、実はニーチェはキリスト教だけでなく民主主義、社会主義、国家主義など、ヨーロッパで信じられてきたこれまでの価値観をすべて「キリスト教的なもの」として批判しています。

『ツァラトゥストラ』の主要テーマは「超人」と「永遠回帰」です。

「超人」については、「人間は、動物と超人との間に張り渡された一本の綱なのだ」という有名な言葉がありますが、「超人」の明確な定義がされていないのがニーチェらしい。定義してしまったらみんなが同じ絶対的な価値観を目指すことになってしまうからです。

「永遠回帰」は、「万物は永遠に繰り返すものであり、どんな忌まわしい過去もまためぐってくる」ものであり、それを受け入れて肯定できるか、とツァラトゥストラは突きつけてきます。

ニーチェは、この「永遠回帰」を受け入れることができる人間こそが超人だといいます。

著者は、ニーチェの「超人」を目指す姿勢を「何でも自分で解決し一人で高まっていこうとするストイックさを感じる」とあまりいい印象で捉えていないようですが、私はこの姿勢に大いに共感しニーチェのファンになりました。

最後に『ツァラトゥストラ』の概要を記しておきましょう。

『ツァラトゥストラ』は、十九世紀ドイツの哲学者ニーチェの著作であり、正確に訳せば『ツァラトゥストラはこう言った』という四部構成の書物です。主人公のツァラトゥストラは、30歳のときに山に入って籠もっている「隠者」です。その後、溢れんばかりの知恵がたまってきて、それを人々に分け与えようと山を降りて説教することを決意することから『ツァラトゥストラ』は始まります。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。