役に立つ本

ミニマリストになれなくても「モノマリスト」になれる!『思考と暮らしをシンプルに 人生を変えるモノ選びのルール』

気づいたらモノがいっぱいになっていた。モノが捨てられない。ミニマリストになりきれない。

といった、溢れるモノにお悩みならたくさんのヒントが得られる本だと思います。

私も著者と同じように「モノを減らしていく過程で本当に必要なモノだけを見極める」というミニマリストの考え方は共感できるものの、過度にモノを減らす生き方はできない「なんちゃってミニマリスト」でした。

でも、本書では、自分にとって必要な厳選されたときめくモノだけを周りに置く人を「モノマリスト」と呼びます。まさに自分はモノマリストです。

また、私は、読後は、穏やかな気持ちになり、日々、ていねいに暮らしたい、という気分になりました。

というのは、著者のひとつひとつのモノへの向き合い方がていねいだからだと思います。

ただ、意外だったのが、iPhoneを1年ごとに最新のものに変えるということ。

理由を知れば、納得するのですが、単にときめくモノを長く使う、というだけではなく、電化製品は「最新のモノを選ぶ」というルールを持ち、それに伴う出費は勉強料ととらえる姿勢です。「長く使えるモノ」という守りの投資と「最新のモノ」という攻めの投資を通じて、自分が心地よく進歩していける状態を保っているという生き方です。

これは、モノ選びの基準を考える上で参考になりますし、モノへの向き合い方だけでなく生き方そのものを考えさせられます。

本書は、定期的に読み返して、自分のモノとの向き合い方やモノ選びの基準について振り返る機会にしたいと思いました。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。