役に立つ本

爆笑と苦笑をしながら心理学を学べる『困ったココロ』(さくら 剛)

笑いながら心理学の基礎を学べる稀有な本、それが本書『困ったココロ』です。

といっても爆笑だけでなく、正直、苦笑もありましたが…それは本書を読んでお楽しみいただくとして、ここでは、本書を読んで考えたことを書きます。

心理学は教養としてというより、人生に活かすために学びたい、本書を読んで改めて思いました。

特にすっぱいブドウの寓話の「合理化」を見て余計にそう思います。

自分の思い通りにいかないキツネが「どうせあんなものたいしたことないさ」と決めつけて心のバランスを取ろうとする行為を心理学では「合理化」と呼びますが、こういったことは日常生活でけっこうあります。

そんなときは、人はこうやって心のバランスをとろうとする、という心の特性を知っていれば、前向きな方向で合理化を図ろうとすることができるかもしれません。

本書は、毎節、「ひきこもりから脱却し充実人生を目指すために私(著者)が考えることは…」というまとめがありますが、まさに、こうして心理学を自分の人生の充実のために活かす視点で心理学を学びたいものです。

著者は充実人生を目指すためにこう考えたが、自分はこう考えた。

そんな視点で本書を読むと人生にプラスになるかもしれません。

ちなみに私が本書で一番示唆を得たのは「確証バイアス」です。

人は、自分の意見の正しさを証明する情報ばかり集め、反対の考え方や情報は無視する傾向があるという確証バイアスを知った上で日々の情報に向き合おうと思いました。

他にもたくさん人生に役立つ心理学の内容が満載の本でした。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。