役に立つ本

行動の技術として知的生産術を学べる『外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」』(山口 周)

本書でいう「知的生産」とは、本書の中では厳密な定義はされていませんが、仕事で何かを調べ上げ、アウトプットとして何かを提出する。そんなイメージを抱きました。

ですので、当然、「仕事」を対象とした内容なのですが、私は、仕事ではなく、趣味としての知的生産、具体的にはブログやKDP出版に何か役立てないかという想いで読みました。

まず、驚いたのが、情報収集はずっと後回しでいいという点。

これは意外でした。

ある程度の何かをアウトプットするなら、最初は、情報収集、と思っていたからです。

では、情報収集の前にすべきは何かというと「戦略の策定」です。

受け手の持っている情報といかに差別化を図るか。

受け手が何をどこまで知っているかを把握した上で付加価値を考え出す、ということです。

ここは大事だと思いながらも、実際は、あまり意識できていなかったので、かなり参考になりました。

他にも、付加価値は、深さと広さの視点で考える。

情報収集は闇雲にするのではなく、問いを設定して、それに答るために必要な情報収集をする。

情報を組み合わせて示唆や洞察を引き出す。

など、すごく実践的な内容が満載です。

本書は、

知的生産性というのは「思考の技術」そのものよりも、「情報をどう集めるか」とか「集めた情報をどう処理するか」といった「行動の技術」、いわゆる「心得」 によってこそ大きく左右される

というように、知的生産を行うにあたり、具体的にどう動けばいいのか、それがわかる心得がいっぱい詰まった濃い内容となっています。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。