役に立つ本

実生活に役立つ哲学からの学び『武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50』(山口 周)

「読書の目的は "楽しむもの" であり、自己の成長は二の次」が モットーの 小田やかたです。

現代の我々に哲学から何を学ぶべきかを教えてくれる本です。

 

哲学のアウトプットに学びを求めるのではなく、そのアウトプットに至るまでのプロセスと、我々はどのように生きるべきかの問いにそれを求めるべきであるという視点は新鮮であり、哲学を学ぶ意欲に刺激を受けました。

学ぶ視点としては、「キーコンセプト」「批判的思考」「教養」の3つがポイントになるという理由が明解で腹にストンと落ちました。

また、年代別の哲学者という整理ではなくキーコンセプトを切り口にした整理になっているので、実生活に活かす哲学というスタンスで読め、私としては他の哲学の類書よりも読後の満足度が高かったです。

この記事は以上です。

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報はツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を
ABOUT ME
Avatar photo
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った本の内容などを書いています。読書は "楽しむもの" がモットーです。