役に立つ本

アウトライナー好きには必読の書『アウトライン・プロセッシング対談 〜アウトライン通りに書けないことは悪いことじゃない〜』

「読書の目的は "楽しむもの" であり、自己の成長は二の次」が モットーの 小田やかたです。


アウトライン・プロセッシング対談: ~アウトライン通りに書けないことは悪いことじゃない~
 

アウトライナーは奥が深い。

それなりにアウトライナーを使いこなし、本を出版するほどアウトライナーに対していろいろ考えを巡らせてきたつもりでしたが、本書を読んで新たな知見を得ました。

それは、

アウトライナーで考えることで、今考えていることの上位概念に意識が向く

ということ。

それは、目的意識だったり、ミッションだったり、考えている内容によって違いますが、今、目の前にあることを俯瞰して考えふ意識がつく、ということです。

文字にすると当たり前だし、アウトライナーを使っている中で、無意識にそういう思考になっている気もしますが、改めて、それを言語化した言葉として気づかされたことに、本書の凄さを感じました。

これで、アウトライナーに興味のある方の必読書が1つ増えましたね。(以下が、私が考えるアウトライナー好きの必読の書)

 

あと、ご興味があれば、拙著も手にとっていただけると嬉しいです。

『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』

この記事は以上です。

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報はツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を
ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った本の内容などを書いています。読書は "楽しむもの" がモットーです。