楽しめる本

今を生きるとはどういうことなのか?『ある男』(平野 啓一郎)

大事なのは「今」で、今を生きることの大切さはよく言われることです。

『逆転の仕事論』という堀江貴文さんの著書がありますが、「今」を生きることの大事さを次の言葉で述べています。

妙な言い方かもしれませんが、多くの人は「未来」に希望を抱きすぎです。大事なのは「いま」です。「未来」よりも優位なのは、この瞬間。

他の著書でも堀江さんは、好きなことに没頭し「今」を生きる大切さを教えてくれます。

本書は、その直後に読んだ小説ということもあり、「今」を生きる大事さと難しさを実感し、今を生きるとはどういうことなのかを改めて考えさせられました。

人は、今ここだけを生きたいと願うものかもしれません。

でも、それはなかなか難しい。

相手の過去を見ずして、その人の今だけを愛することはできるのだろうか。

その人の今だけを見れるのだろうか。

その人自身が愛すべき対象なはずなのに、どうして他のものにとらわれてしまうのだろうか。

やはり、その人の「過去」や「名前」という代物は無視できないものなのだろうか。

読後、そんなことを考えさせられた小説でした。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中。本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った本の内容などを書いています。 著書:『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』