楽しめる本

新しい部署で働くことになったとき勇気をもらえる『鉄の骨』(池井戸 潤)

後半は一気に話が進み目が離せなくなる展開になります。

半沢直樹シリーズで有名な著者だけあって本書はストーリーとしても面白かったのですが、人事異動で新しい部署で働き始めた主人公と同じ境遇のときに読んだため、勇気をもらえる言葉や行動がたくさんあって胸に響きました。

主人公が新しい部署で働くことに嘆いていたときの先輩(西田)の言葉。

決して実力がないわけではなく、新しい部署に来て日が浅いから経験がないだけ、という意味の言葉は心強い。

どんな理由だろうと関係ない。もう一度言う。理由は関係ない。お前はここにいて、その若さで業務課の仕事についた。今仕事がまるでわからないのは実力のせいじゃない。経験がないからだ。なんでここにいるかなんて青臭い存在論を語る暇があるならこのチャンスを活かすことを考えな。

また、新しい部署でうまくいかないと、つい過去の栄光を振り返り、前を向かずに後ろを向きがちですが、次の言葉はそれをいさめてくれます。(三橋の言葉)

今が1番いい。そう思うことが大事なんだ。過去を懐かしむのは構わない。だが、過去を羨んではいけない。決してな。

(本書はAudibleで読了)

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った内容を紹介する雑食系のプチ書評ブログです。 また、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログ「いつもていねいに」も運営中。 著書に『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』がある。