教養が身につく本

孔子的自己チューに驚く!『「100分de名著」 孔子 論語』(佐久 協)

「孔子的自己チュー」。

そう聞いてどんなイメージが湧きますか。

正反対の言葉がくっついた、という印象を抱きませんか。

この言葉は私のオリジナルですが、でも、あながち間違っていないんです。

孔子は「恕(じょ)」すなわち思いやりを大切にしましたが、それは決して他人に対してだけではありません。

弟子の子路から君子とはどういう人物ですかと問われた会話の中に「自己の修養に励み、周囲の人を安らかにする人」と応えています。

本書ではそれを次のように解説しています。

まず自分が充実していれば、周囲との関係もよくなり、ひいては人間社会全体もよくなる。要するに、何をおいても、まずは「自分をきちんとする」のが最優先ということです。言ってみれば、これは、「孔子的〝自己中心〟のすすめ」です。」

ちょっと意外な感じがしませんか。

孔子と自己中心って。

そう思うのは、論語の「儒教的解釈」に縛られているからだと思います。

本書では、孔子の言ったことといわゆる「儒教的解釈」は違うと言っています。

孔子は何を言ったか。儒教的なお堅い解釈は横に置いておき、純粋に孔子は何を言ったか、それを本書で知ることができます。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った内容を紹介する雑食系のプチ書評ブログです。 また、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログ「いつもていねいに」も運営中。 著書に『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』がある。