楽しめる本

ありふれた日常生活の中での謎解きなのでグッと引き込まれる!『ようこそ、わが家へ』(池井戸潤)

「読書の目的は "楽しむもの" であり、自己の成長は二の次」が モットーの 小田やかたです。

半沢直樹シリーズや『ノーサイドゲーム』『陸王』などのベストセラーを持つ池井戸潤氏の作品はハズレがない。本書もそう断言したくなる作品でした。

本書は、普通のサラリーマン一家に起こる事件が中心のストーリー。誰にでも本当にありそう事件で身が引き締まる。また、同時期に起こる会社での不可解な出来事。こちらもあってもおかしくない会社での出来事でサラリーマンならきっと自分の会社と思わず重ね合わせてしまうかもしれません。

これらの事件を家族や部下と解き明かしていく様が面白い。決してスリリングな謎解きではないのですが、ありふれた日常生活の中での事件なのでグッと引き込まれます。

(Audibleで読了)

この記事は以上です。

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報はツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を
ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った本の内容などを書いています。読書は "楽しむもの" がモットーです。