役に立つ本

自分と相手の状況を常に分析『メンタルの強化書』(佐藤 優)

「読書の目的は "楽しむもの" であり、自己の成長は二の次」が モットーの 小田やかたです。

マクロ的な視点で社会情勢をとらえ、上品にしなやかに生きることを説いた本。

長期にわたり東京拘置所に勾留され東京地検から取り調べを受けた著者がどうメンタルを保っていられたかをもっと具対的に知りたかったのですが、正直なところ、他の多くの本にも書いてあるような一般論が多く、少し期待ハズレだった感はあります。

ただ、長期間、東京拘置所で取り調べを受けなければいけない厳しい状況の中を切り抜けてきた著者に、自分の置かれている状況を客観的にとらえ、相手が自分に何を求め、相手がどんな状況にあるのかを分析することが重要性だ、と説かれると実感がこもっていて説得力がありました。

読後は、どんなときでも自分の置かれている状況を俯瞰し相手が求めることや相手の状況を分析し、その時々で最適な行動を選択できるようにしたい、と思いました。

この記事は以上です。

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報はツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を
ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った本の内容などを書いています。読書は "楽しむもの" がモットーです。