元気が出る本

愛とは主語の切り替え?!『幸せになる勇気』

本書は、以前、以下の記事で紹介した『嫌われる勇気』の第2弾の本です。

あわせて読みたい
座右の書の中の座右の書『嫌われる勇気』ベストセラーですし、さまざまなところでその素晴らしさは語られているので、今さらこのブログで取り上げることもないのですが、あえて取り上げた...

『嫌われる勇気』で語られなかったアドラー心理学の中の「愛」の概念が中心となっています。ただ、『嫌われる勇気』で語られたアドラー心理学の中心的思想は凝縮されて紹介されていますので、『幸せになる勇気』から読んでも問題なく読み進めることができます。

ここでは『幸せになる勇気』の中で語られる「愛」について、簡単に紹介します。少しでも興味をもったなら、ぜひ本書を手に取っていただきたいです。

アドラー心理学では、愛するとは「私」から「私たち」への主語の切り替えであると考えます。

それは、私という自己中心性からの脱却であり、それは、すなわち「自立」です。

一方、愛されることを求めるのは「承認欲求」と同じで、承認欲求には終わりがありません。求め続けてしまうもの、すなわち「依存」です。

愛することが、「私」から「私たち」という主語の変化ととらえ、自立につながるというのは大変興味深い考え方だと思いました。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。