役に立つ本

書くのではなく伝える!『書くのがしんどい』(竹村 俊助)

本書を読んで、一番、胸に刺さったのは、

書こうというより「伝えよう」とする気持ちが大事だ、ということ。

書くことには目的があるはず。

それは、相手に何かを「伝える」ということであるはず。であれば、自ずと相手の立場に立って書くことになる。

確かにそうだ。

もう1つ印象に残ったのはこの考え方。

もし仮に、140文字のツイッターだけで思いを伝えれるなら、それに越したことはない。たくさん文字数があればよいというものではない。ツイッターで伝えれるなら本は書かなくてもよい。

読者のことを考えれば、当然、短い文章の方がよい。長ければいいというものではなく、伝えるために最適な文字数があるということです。

次の抜粋を見ると、長いことで伝わらなくなる弊害があることを実感します。

仮に 1 万文字書いても、8000文字がおもしろくなければ2000文字の原稿にする。この勇気が大切です。「せっかく書いたのにもったいない」という気持ちはわかりますが、つまらない部分を残して結果的に読まれなければそれこそ「もったいない」。

では、最後に「読まれる文章」を書くにはどうしたらよいのか。

本書の答えはこうです。

読まれる文章を書くためには、相手を喜ばせることをつねに考える。ものすごくあたりまえのことですが、これしかありません。

文章のテクニックうんぬんよりも、まずは、読者の立場になって、読者に伝えるための文章を書くことを意識する、ということですね。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中。本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った本の内容などを書いています。 著書:『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』