教養が身につく本

新聞の魅力はノイズ!『考える力と情報力が身につく 新聞の読み方』(池上 彰)

「読書の目的は "楽しむもの" であり、自己の成長は二の次」が モットーの 小田やかたです。

本ブログは、読後、すぐに頭に浮かんだ偽りない感想を素直に綴っています。1分で読める分量なので、気軽に読んでいただき、ぜひ、選書の参考にしてください。今回読んだ本はこちら。

あの池上彰氏が「新聞の魅力はノイズ」と言うのはなかなか興味深い。

確かに、新聞を広げると自分の興味・関心のない記事も飛び込んできます。記事だけではありません。新聞広告も同様です。

これが新聞の魅力というのだから、新聞を広げてざっと目を通すだけでもいいような気がしてきました。もちろん関心のある記事はじっくり読めばよいのですが、ざっと眺めるだけでも、そこから自分の興味・関心を広げてくれるのが新聞なのかもしれません。ということで、最低限、全ページの見出しだけでもざっと眺めるのを習慣にしています。

また、本書の後半は、昨今のニュースをそれぞれの新聞がどういう取り上げ方をしているのかの比較があり、過去を振り返りながら、各新聞のスタンスを垣間見ることができなかなか興味深く読むことができました。

新聞なんて必要ない、と新聞に否定的な方にこそ読んでいただきたい本です。

(KindleUnlimitedで読了)

この記事は以上です。

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報はツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を
ABOUT ME
Avatar photo
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った本の内容などを書いています。読書は "楽しむもの" がモットーです。