教養が身につく本

コンピューターの本質が理解できる!『コンピューターってどんなしくみ?』

子どもに「コンピューターって何?パソコンってどうやって動いているの?」と聞かれたら説明できますか?

小学校低学年くらいにもわかる言葉で。

できないと思ったら、本書を読むべきです。

コンピューターの仕組みについて書かれた本書は、子ども向けの本だけあって説明の言葉遣いはすごくわかりやすい。わかりやすいだけでなく、その取り扱っている対象はコンピューターの上っ面ではなくけっこう深い。大人でもわかった気になっているだけで実は理解できていない内容もたくさんあると思います。

マイコン、アルゴリズム、プロトコル、インターフェース…。

子どもに説明できますか?

理解していると自信を持って言えますか?

日常的にパソコンを使っている方なら、言葉自体は聞いたことがあったり、なんとなく内容はわかっているかもしれませんが、子どもに説明できるまで理解していますか?

本書を読めば、これらの内容も含めコンピューターの仕組みを子どもに説明できるまで理解できます。それはすなわち、コンピューターの本質の部分を理解できることに他なりません。

コンピューターとは切っては切り離せいない現代だからこそ、子どもはもちろん、多くの大人にも読んでほしいと思った本でした。

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中。本ブログは、1記事1分で読めるよう、とにかく簡潔に、オススメポイントや印象に残った本の内容などを書いています。 著書:『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』