役に立つ本

概念を使いこなして生きる力に使う!『世界の見方が変わる50の概念』(齋藤 孝)

すぐれた概念は、世界の見方、ものの見方を変えてくれます

そのとおりだと心から実感できるようになったのは、ある程度の人生経験を経てからかもしれません。

「概念」というのはわかったようでわからない言葉です。

本書では、「具体的なものごとはさまざまバラバラに見えます。そこに共通する「本質」をつかまえて言葉にしたものが「概念」です」と説明されているますが、なんとなくはイメージできるのではないでしょうか。物事の肝をつかむ、と言ってもいいかもしれません。

ただ、概念を得ることで、すぐに世界や物の見方が変わるかと言えば、そうとも限りません。その概念を自分の生活に置き換えて、身近なものとして捉え直すことができれば、世界の見え方は変わるでしょう。

本書では、知性とは概念を使いこなす力であり、概念を使いこなして生きる力に変えることを知力と言っています。さらに、「論語読みの論語知らず」という言葉があるように、膨大な知識や概念を蓄えていても、生きる力に変えれなければ意味がありません。

そういう意味で、本書にある50の概念を知ることは大切ですが、それらを日々の自分の生活に置き換えて生きる力に変えていく作業を抜きにしてはいけません。50個すべてを使いこなすのは難しいと思いますので、知識としてではなく、1つでも2つでも生きる力として人生に役立ててください。

最後に、本書で私が生きる力にしたいと思った概念を簡単にメモします。詳しい解説はぜひ本書をお読みください。

  • ◯野生の思考(レヴィ=ストロース )
    • ありあわせのもので工夫する
  • ◯「トゥリー」と「リゾーム」(ジル・ドゥルーズ と フェリックス・ガタリ )
    • ロジックツリー的な思考とネットワーク的な思考
  • ◯不条理の英雄(アルベール・カミュ 『 シーシュポスの神話』) 
    • 不条理を受け入れて生きる覚悟
  • ◯間主観性(エトムント・フッサール )
    • たくさんの主観が集まれば客観性が高まる
  • ◯エポケー(現象学)
    • 決めつけずにやってみる
  • ◯中庸(孔子・アリストテレス 『 ニコマコス倫理学』)
    • 両極を知って中庸に至る
  • ◯超人(ニーチェ)
    • 高みを目指し続ける人
  • ◯離見の見(世阿弥)
    • 自分を客観的に見る、メタ認知
  • ◯前後裁断(禅の言葉)
    • 今を生きる

以上です。本記事は参考になりましたか?

もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!

@ottaka18をフォロー

また、iPhoneでの情報管理、文章作成、タスク管理などをテーマとしたブログ「いつもていねいに」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。